ぶらり台湾.com

台湾に関する事を書きます

海派甜心(僕のSweet Devil)のロケ地(2)

海派甜心(僕のSweet Devil)のロケ地巡りの続きです。

↓前回の記事はこちら↓

海派甜心(僕のSweet Devil)のロケ地(1)

今回は宝茱がよく行くアイスクリーム屋と、そのそばの宝茱が達浪の姿をした薛海を追いかけて見失って泣き崩れる名シーンの場所、何度か出てきた真愛碼頭、宝茱が壁に達浪の似顔絵を描きながら達浪の好きなところを話すシーンの場所です。

行ってみましょう。

アイスクリーム屋のBIG TOM

宝茱の先輩の言風が世話する弟分達がアルバイトしているアイスクリーム屋。

宝茱がイライラするといつもハニーロックというアイスを食べます。

僕もあれ食べたい!という事で行ってみました。

MRT文化中心駅下車、3番出口を出ると早いですかね。

この旅全部そうですが、SIMフリー携帯も現地SIMもなく、携帯で地図を参照できない状況だったので苦労しました。結構迷って歩きました。あとアイス屋さんの場所も調べはしましたが地図も持ってこなかったので、この高雄市文化中心もここで合ってるのか分からず、ぐるっと歩いてしまいました。でも見つかったのでよし。

↓これが高雄市文化中心の入り口です。↓

img_2231

下の地図では郵便局のATMを目印としていますが、この目印点のすぐ上のH型の陸橋?の左隣にあります。衛星写真でも何かあるのが分かりますよね。なぜBIG TOMの店舗を指定出来ないんでしょうね。

実は…。

img_2233

…おや?

img_2234

潰れてるじゃん!

マジか…。

この時は事前にグーグルマップで調べたらちゃんと出たんですよ。

今は検索しても表示されませんね。最新の情報になったみたいです。ということは閉店して間もなかったんでしょうか。

残念無念であります…。

img_2241

このお店の隣に、あの号泣シーン、宝茱がBIG TOMに現れた(達浪の姿をした)薛海を追いかけ、見失ってしまって泣き崩れる場所があります。

楊丞琳の泣き芸は本当に一見の価値ありです。泣かされます。

img_2240

この右の陸橋をくぐって手前に出たところで宝茱が泣き崩れ、薛海は左の階段に身を隠し、宝茱の叫びを聴きながらそっとその場を離れます。

建物を挟んで反対側にも同じような形の階段があるのですが、たぶんBIG TOM跡地の隣の方だと思います。間違いないのは写真の真ん中に植え込みがありますが、これがある方が撮影場所です。反対側には植え込みがありません。

壁の似顔絵の場所

次はこちらも泣けるシーンの撮影場所です。

宝茱が薛海に達浪を探し出すよう頼み、達浪がどんな人物なのかスプレーで壁に似顔絵を描きながら話すシーンです。まだ少し宝茱を疑っている薛海ですが、宝茱がどれだけ達浪を想っているのかを知って涙するシーンです。

高雄の観光地としても有名な「駁二芸術特区」という場所があります。

MRTなら鹽埕埔駅で下車して南に少し歩きます。

img_2242

img_2230

これは鹽埕埔駅の中です。なんだか凄いことになっています。これは「たかめ少女」という高雄MRTのキャラクターです。注意喚起のポスターなどもたかめ少女が注意してます。

img_2243

img_2244

img_2245

…脱線しました。

この駁二芸術特区は港の古い倉庫街みたいなところなんですが、レンガ造りの倉庫を改装して、芸術作品の展示や販売をしたり、外にもオブジェがあったりして土日は観光客で賑わっています。

地図にマークした建物の南西側、今は使われていない線路に沿ってスプレーでラクガキしたような壁があります。その壁の一角に宝茱が達浪の似顔絵を描きました。

img_2247

この辺にあるはずなんですが…。

img_2248

なんかトランスフォーマーバンブルビーがいるぞ?

あれ?ここのはずなんだけど…達浪の顔がどこにもない。

 

img_2250

う~ん…。

img_2249

ん?んん?

img_2249-1

これか!あご!あごだけ残ってる!

全体が残っているうちに来たかった…。

というか、実は駁二芸術特区には台湾人の友人に連れられて数年前から何度か来てるんですよね。たぶん達浪の絵が全部あった時も来ているはず。

その時はこのドラマのことを知らなかったので、素通りしてたんですねぇ。

なんというすれ違い。

でも満足です。

実はGoogleストリートビューでは、今現在も達浪の似顔絵が見られます。いずれ更新されるかもしれないので、今のうちに見てみてください。

ここから東に歩いて次は真愛碼頭へ行きます。

真愛碼頭

ドラマの中で何度か出てきた真愛碼頭。

薛海が宝茱に「達浪は結婚した」と嘘をつくのもここだったかな?

似顔絵の壁の所の線路を東にずっと歩いて行くと真愛碼頭があります。

ひたすら歩きます。途中に雑貨屋さんとかオブジェとかあるので、いろいろ見ながらお散歩気分で歩くのもいいでしょう。

線路の所を抜けて港が見えてきます。

img_2251

 

ひたすら歩きます。

もう少しで真愛碼頭のハートの看板の写真が撮れる…。

img_2255

 

あれ?

img_2252

なんか工事してるんだけど…。

奥の方まで歩くも行き止まり。あの看板は見られませんでした。

アイスクリーム屋のBIG TOMに続いて、残念無念…。

おそらく前回の記事に書いたライトレールの工事だと思います。開通予定の駅名に真愛碼頭駅というのがあるので、開通したらまた行こうと思います。

ここまでいろんな所を歩き回ってヘトヘトで、最後の力を振り絞って行った真愛碼頭が工事中…。

しょうがないのでトボトボと来た道を帰りました。

終わり

これで今回の海派甜心(僕のSweet Devil)のロケ地を巡る旅は終わります。

最初の宝茱の家に行ったのがお昼くらいで、それからホテルに荷物を預けていろいろ回ったので、時間的には結構余裕でしたね。かなり歩いたりして必ずしも効率的には進まなかったんですが、それでも最後は夕方には終わってるのでせいぜい6時間程度で回った事になります。

駁二芸術特区まで行ったのなら、MRTでもう一駅先の西子湾駅で降りて、少し歩きますがフェリー乗り場からフェリーで旗津というすぐ近くの島に行くのもおすすめです。

旗津は海鮮料理のお店や市場、お土産に良さそうな雑貨屋等がたくさんある観光地で砂浜もあります。高雄旅行ならまず検討されるメジャーな観光地ですね。

ご参考まで。